Beate Kuhn for Rosenthal
Pottery pitcher 1950's

96-OCT18USC109

ビート・クーンは現代ドイツ陶芸の最も重要な人物の一人。フライブルク大学で美術史を学び、エース・オピッツとハンス・カール・スタークのもと、ヴィースバーデンのヴェルクンシュトスクールで陶芸を学ぶ。 1950年代に、陶芸家カールとウルスラシャイドとパートナーシップを結びアーティストとのワークショップコミュニティを設立。この期間、ローゼンタール社の磁器も製造しました。クーンの作品は自然の影響を強く受けています。他の芸術家は彼女の作品を自然界に存在する形の抽象的な解釈と捉えていました。自然から感じ取ったのスケッチは作業過程の重要な部分であり、制作活動の重要な役割を果たしていた。ベルリンの装飾美術館、東京の国立近代美術館、ロンドンのビクトリア&アルバート美術館など、クーンの作品は世界中の主要美術館で展示されています。クーンはまた、ドイツの手工芸品の分野で最も権威のある賞の1つであるヘッセン州芸術工芸賞を含む多くの賞を受賞しています。

FROM : GERMANY

SIZE : クチ2 ヨコ6.5 高さ24

(cm)

25,920円(税込)

  • COLOR
  • SIZE
  • 数量